食事は頑張らない、でも美味しい

新月前、捨て魔で有名な
KAORIYOGAのKAORIです

捨てが講じて
以前「冷蔵庫無くそうかなー」って言ったら

外野からは
えーっ‼︎って言うリアクションを多々いただきました

私の場合
無くすが目的ではなく
代用としてもっと楽な方法があれば
そっちに移行するっていうスタイル

だからなくなっても
幸せである事
楽になるっていうのが大切なPOINT

冷蔵庫はまだあります

無くそうかなって言っていたものの
まだあります

ただ中身はほぼ空っぽ

まだ持っている理由として
卵と納豆の保存
これらですよね

納豆とか3パックそんなバクバク食べないので
1パックづつ購入出来ればいいのにな…と

卵もそんな常温で日持ちしないので
冷蔵庫にイン

飲み物も1年中ほぼ常温かホットだし
ドレッシングみたいな冷蔵保存モノは全くないので
実際ホテルとかにあるちっさいので十分かな〜
というところまできてます

作り置きはしません
ご飯作りは頑張りません

ただし、一汁一菜
あったかいご飯をちゃんと食べてます

最近またよく見かける
・女性は食事作りを頑張らなきゃいけない
・化学調味料は使わない、お惣菜は買わない
・おかずは3種類以上
・旦那さんに何を言われても対応できるように
ご飯、パン、麺を常に用意しておく
・いつも何を作るか考えていてツライ

っていう…

アホなの?

おぉ…っと
コトバが悪くなってしまいましたが
ご飯って楽しく食べる
自分にとってのエネルギーです

野菜の味・素材の味を感じられれば
塩で炒めるだけでも十分

何をそんなに凝ろうとしているんですか?
映えるため?
そりゃ食事のたびに疲れますよね

私はエネルギーのある
新鮮な野菜を農家さんや八百屋さん
もしくは知り合いから購入します

美味しいお米、野菜たっぷりお味噌汁、お漬物
これだけで
最高の食事だと思うんですけどダメなんですか?

美味しいお米炊いて
10分もあれば味噌汁やおかずの準備
出来ますよね?

ご飯をつくるのが辛くなるって
たぶんその食事自体
何も旨みも無いと思います

作り手によって味変わります

だから何をつくるかではなく
冷蔵庫空っぽの人でも
美味しいご飯は食べられます

豪華なメニューじゃなくても幸せを感じられる

冷蔵庫の時にえーっって
言った方々が
なるほどなと
思い始めたのがこちらの本

この方
お米を炊いておひつで管理
野菜は天日干しにして
その野菜でインスタント味噌汁をつくり
1食200円程の食費
でもこのご飯が食べたくて
家に飛んで帰るそう

私は納得納得の連続
プラス
あーこの手があったかーと
勉強にもなりました

なので
私のご飯つくりの時間が
もっと短縮・効率化されました

食に興味がないんじゃないか?と
思われるかもしれませんが
食べるのすっごい好きです
わりと舌も肥えてる方だと思います
(こう見えて飲食経験もあるので)

オープンにしてませんが
隠れタベスタグラムがあるくらい
食べるの大好き

でも十分満たされます

肌の調子や内臓の調子も良いです

お漬物の乳酸菌は腸内環境整えてくれます
お米のような炭水化物はお肌の調子を整えます
(炭水化物抜きダイエットとかお肌バサバサになりますよ?)
お味噌汁などはイソフラボン、ホルモンバランス整います

こんな贅沢なご飯、何か文句でも?

気になった方は読んでみてください
素材をどうやって使うなどもちょろっと載ってます

ムダを省いて楽しい食卓を囲みましょう

カラダは食べるものでつくられます
ココロはコトバでつくられます
未来は発言でつくられます

ピンッときた方は即行動
動いた方から変わります

カフェヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




“食事は頑張らない、でも美味しい” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です