ヨガで疲れてしまう理由

ヴィンヤサヨガをやったことありますか?と
聞くとだいたいみんな
「後半で力尽きました」と
いう返事が返って来る

なんてったって
ヴィンヤサヨガは
一呼吸一動作の太陽礼拝を筆頭に
呼吸と共に動き続けているから
最後撃沈してしまうのは無理はない

キツイよねー

でもキツイってことは
アーサナがちゃんととれていないということに
気づけてますか?

汗かいた!
はぁ動いた!
気持ちイイ!だけで
終わらせないためのヨガしましょう

そんな心地いいヨガにするためのポイント

重力の中で動ける筋力を身につける

人間は重力のある地球にいるため
動くには
最低限その動かす重さに釣り合う
筋力が必要になります

トレーニングが必要か?と問われたら
ヨガだけでも十分だと思います

ただなんとなーくヨガをするのではなく
アーサナをじっくりととり
自分の芯や強さを感じる必要があります

私のレッスン受けている人によっては
アドバンスポーズに挑戦している方も
いると思いますが

出来る出来ないではなく
その人のカラダに十分な体力や筋力が
備わってきたときに
次のステップの準備です

挑戦している方は
自分のカラダの状態が整ったときに
自然と出来るようになります

腐らずめげずに
着実にカラダを変えていきましょう



適確にアーサナがとれているか確認する方法

アーサナを保持して
自然に呼吸が出来れば無理ない姿勢です

これ結構課題ありで

インストラクターでも
瞬間芸で保持できない人が
多く存在するのも事実です

(苦笑)

それを判別するわかりやすい場所が
アーサナを撮影する現場

カメラマンさんも
実はアーサナ完成の瞬間を捉えてたりして

(さすがプロ…)

アーサナをキープ出来る人が少ないと
おっしゃってました

それは完成とは程遠く
練習が必要だと見受けられます…

(ブーメランにならないよう自分にも言い聞かせます)

1つのアーサナを呼吸で味わうというのは
長めに保持して自然な呼吸を流すということです

なので私のヴィンヤサヨガのクラスは
1呼吸を4カウントの長い呼吸にしています

1!(完成)
2、3、4(保持)

ではなく

1、2、3、4(完成)
1‥(次の動作)

という具合に
4カウントの中で
次のアーサナに変化
させていきます

スローモーションを見ているかのように
動きをゆっくり行うことで

自分で制御する安定感を
カラダのつながりに気づくことになります

最近始めたアーサナ塾
ここへの気づきを深めるため

繋がらない動きは
無理な稼働がかかっているから

それを私が教えるのではなく
自ら気づいていくというレッスンです

次回アーサナ塾は
2020年4月5日 14:30-16:00(予定)です

重力と筋力もコントロール

人間のカラダの中で
意識で動かせるのは
筋肉の動きだけです

靭帯などの動きはコントロール出来ません
骨の向きは重要ですが骨単体では動きません

自分のカラダに怪我をさせないためにも
力尽くで筋力を使うのではなく
必要な動きをカラダに与えてあげてください

ただキツイだけでなく
必要な筋力が足りてないだけ

重力と上手く付き合ってみる

自分のカラダに合った動き方できていますか?
キツイのは運動量や
柔軟性だけではないかもしれませんよ

―――――――――――――――――――――――――――――
【ココロとカラダを整えるヨガ】
■毎週火曜日
■10:00-11:00
■in SHINJYUKU 407

【ヴィンヤサヨガ】
■隔週土曜日(奇数週)
■10:00-11:00
■studio GIFT

【TRAIN BLEU morning yoga】
■毎週木曜日
■10:00-11:00
■吉祥寺 アトリエトランブルー

【Omiya Yoga】
■3/22(sun)10:00-11:10
■市民会館おおみや

【studio lesson】
TSUTAYAconditioning(桜新町)
UP FOR YOGA(品川)

―――――――――――――――――――――――――――――

ヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です