KAORI飯

わりとTwitterにはちょいちょい
登場するKAORIYOGAのKAORI飯

別になんてことない
近所の農家さんから購入したお野菜や
もらった果物など
こうやって食べたよーって
報告投稿なんですけど

特にインスタ映えするようなご飯ではなく
ただこだわり持って作って
くれたものを
美味しくいただきました、と
どこかで届いたらいいなと思って
投稿しています

作ってくれる人のエネルギーをいただく

食材からエネルギーをいただくのも
アーユルヴェーダ的な食事方法です

だから
農家さんのところとか八百屋さんとか行くと
季節の野菜が並んでいます

スーパーって年中どの野菜でも
買えちゃいますよね
それもありがたいんですが

季節の野菜はエネルギー量が違う
なぜその時期に採れるのか?
次にやってくる季節のために
様々な蓄えをするためです

季節関係なくいろんなものを食べているから
季節の不調が起こりやすくなるんです

わかりやすいのだと
花粉症とかね

その時やっても遅いんです

だから季節のものでも
作っている人や土地がしっかりしていないと
イマイチ…って
あたり前ですよね
愛情って見えないけど
どれだけ熱量込めて作ってるか
食べたらわかります

だからいただく方も
しっかり感謝を込めて食べないと



温かいものを好きな空間で

冷めた食事はアーユルヴェーダ的にはNG
よく言っているのは
レンジでチンとかね

冷めていますよね

これも作ってくれる人がわかる食事をする
っていうのが目的

だから外食でも全然いい
レンジでチンじゃなければ

作ってくれた人に感謝をして
好きな空間で食べる

いくら好きなものでも
倉庫の中みたいなところでこもって食べる
じゃ意味がない

食べるって環境も含めて食べる

嫌な人、嫌な空間で食べると
消化力も低下するんですよ?

それって食事って言えます?

しっかりカラダの栄養になるように
食べる人や空間は整えたいですよね

ながら食べは良くない?

最近スマホ片手に食事って珍しくないですよね
できれば
食事に集中してもらいたいところですが

見ている光景が楽しいものであれば良いのかな?
とも思ったりします

食べ歩きって結構するんですが
これもながら食いですよね

周りの環境が良くって
一緒にいる人が好きな人ならありなのかな?って

だから視覚情報も
楽しいことならありかなと思ったり
アーユルヴェーダの起源にはスマホなんて
なかったしね

そのうち
アーユルヴェーダ的な
食事の活動もやっていきたいなと
考えてます

健康オタク部も活動不定期だし
もうちょっと活動していきたいぞいっ

これは大々的には告知しないかも
ご興味あれば声かけてください

カフェヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です