alugodのポーチ

新月越えたらほんと軽くなった~
昨日は眠気もMAXだったのに
ほんとなんでしょうね?

不思議~

そんなこんなで
今日も朝から
ひろみさんのalugodの展示販売へGo!
(連日お邪魔シテマス…)

昨日は新月だしね
頭も動いてないから何もせず
お話しして帰ってきましたが

本日は
こちらの

ポーチをゲットん!!
魚を持ってる子がいるあたりがなんかイイ

で、移動…
なフットワークの軽さに
自分でも驚いてます

新月前と後じゃこんなにもカラダの
重量が違うなんて…

展示、見せ方、店構え

何様だと思うかもしれませんが
こう見えて10年ほど展示や販売を
やっていたので
このポイントがどーしても
気になっちゃうんですよね…

見せ方・導線

昨日ひろみさんから作品のこだわりを
熱弁してもらって
すっごくわくわくしたんです

あぁ、好きなものをつくってるんだなって

1点1点柄も違えばサイズもちがって
自分の好きなものが詰まっているんだろうなと…

んが、しかし
気になったのがそれを魅せることをしているのかと言うこと


私の第一印象

“見ずらい”
ごめんなさいね…
でもコレ本人に伝えてるので書いちゃうよ

色々あるのはわかるんだけど
・手に取らないとわからない
・たくさんありすぎて手にとってもらうまでに
時間がかかる
これって本当にもったいない!!

もっと言うと
・目線が低いので流れるお客さんの目に止まらない

雑貨ってよっぽど好みのものがあるか
欲しいものでないと手に取ってくれない
ましてや
流れるお客さんの足を止めるには
よっぽどパンチがないとムズカシイ

それがぜーんぶなかったのだ!!
何てこった!!



ディスプレイひとつで見せ方が変わる

私は基本
自分から作りだされるものは
全部アートだと思っている
(キット組み立てとかは別ね)
それを魅せないでどーする!!と思うので
展示の什器ってすごく大事になってくる

まず、
見せたいものを
対象となるお客さんの目線に合わせる
子供なら低めに
大人なら高めに
屈んだりしなくても目線が合う高さにする

で、
どちらから流れてくるのか
流れてくる方向に
一番見せたいものやインパクトのあるものを
持ってくる

ここで
足を止めてくれるポイントつくり!

足を止めてくれないことには
手にも取ってくれないからね…

で、2日目には
即席だけどこんな感じのディスプレイに変わりました

見やすくないですか?

ピックアップ作品もしっかり見えていて
山の中にあるより
際立つ!!

言うだけ言って
変えた後の流れがどう変わったか結果は
聞いてないですけど…笑

まだもっと改善できると思いますが
初めのより断然見やすいと思います!

周りに同じような系統の
強豪店舗があったとしても
見せ方1つで変わると思います

私はコレ!!

っていうのを
魅せるだけで熱量って伝わるハズ

人の流れや客層を見て
ディスプレイを変えるってことはしょっちゅう
人によって見せ方が変わるからね

そうすることでより
良いものが広まっていくんじゃないかな?と
思ってます

人のことながら
お節介にも
空間デザイン魂が久しぶりに
ムズムズしてしまいました…

実践してくれてありがとう!!

プレゼント

ちなみに買ったポーチは
プレゼント


どうやら気に入ってもらえたみたいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です