映像の光の中に包まれて-ヨガ・メディテーション-

“7つのチャクラのエネルギーを感じる90分″という
ワークショップに参加してきました

私がヨガをやっているというつながりで声かけていただきました
映像空間演出が大学の時の先生


(こんな作品をつくっていた時代の先生です)
※ちなみに黒いつなぎを着ているのが私

作品自体は2部構成で

1回目が
「胸から下へ大地に向かうエネルギーの流れを感じる」

2回目が
「胸から頭へ宇宙へ向かうエネルギーの流れを感じる」

で、私が参加したのは2回目

映像を使ったメディテーションとは?

ヨガをやっている人なら1度は聞いたことあるはず

チャクラ

これを活性化させるために
映像を使ってヨガを行うのです

この作品の説明文をそのまま引用すると

“カラダには7つのエネルギーを取り入れる交差点があるとされ
そこにチャクラがあるとされています

その7つのエネルギーを感じる映像の光に包まれながら
チャクラを活性化させるための
ヨガとメディテーション”

映像にはアルゴリズムや
医学的検証を行い
映像を見ているだけで
半眼瞑想ができるという結果などが出ていたり

「作品」兼「研究材料」

なので
ただきれいな映像の中でヨガをするというものとは違う



結果どうだったのか?

そもそも
巷のメディテーション(瞑想)と言われるものが得意な方ではない

・時間が長い
・なにか変わったのかよくわからない
・じっとしてられない

やった先に何かを得られるかといわれたら
ほとんどNOですね

レッスン前にちょっと目をつぶって
静かに座るあれも実は瞑想なんだけどね

あれぐらいで十分だと思う

で、今回の瞑想はどうだったのか?
カラダに異変が起こったのは
マントラを唱えているとき

第6チャクラ(眉間)がムズムズ…

気落ち悪いぐらいムズムズ…

じっとしてられないくらいムズムズ…

今回のメディテーション
テーマが胸から上で宇宙へということは
6〜7を通さないといけないんです

初めて
瞑想中にカラダが反応したんです

これが映像の影響なのか
ヨガの影響なのか
マントラの影響なのか

はっきりとした理由はわからずでしたが
1つ感じたのは
視覚や聴覚を変えると
また普段と違った反応が見えたということ

これって今後私がヨガをやっていくうえで
カラダの変化や反応を
もっと変えていけるかもしれない
という密かな確信を得られたということは

今回参加してとても大きな成果

私の感想が
先生の研究に生かされるのかはナゾですが…

新しい変化へ

みんなは純粋にヨガとかを楽しんでいましたが

先生に
「この子はたぶんクリエイティブな目で作品観ちゃってるよね」と
言われましたが

えぇ、はい、
そうですね

元々この先生からは
インスタレーション作品を多く学び
作品は見るだけじゃなく
いかに体感させるかという考えが好きでした

自分が作品の中に入るっていう感覚

そもそもインスタレーションってご存知?
インスタレーション( Installation )って
インスタレーション・アートの略で
分野としてはデザインではなくアートの分野
絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法の1つ

インスタレーションでは空間全体が作品になっていることから
作品を見る人が、作品に全身を囲まれて
空間全体を体験(見たり、聞いたり、感じたり、考えたり)する方法を
どのように変化させるかを要点とする芸術手法のこと

だから
五感ってまだまだ使いようがあるなと
感じる作品でした

ヨガってまだまだ広がる可能性がたくさんある
楽しみも増えました

先生とは卒業以来なので
10年!?ぶりくらいの再会でしたが

大学時代と変わらず
とても刺激をいただきました

非日常体験は新鮮
それが日常に落とし込めたら絶対楽しい

常に研究、
常にワクワクするようなことを考えている人と
会うのはすごく楽しい

こういう人たちとたくさん出会って行きたいですね




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です