カラダを硬くする原因をつくっているのは自分の、何?

レッスン久しぶりに
参加するからとかではなく

カラダが硬くなっている人が
最近多い

しかも最近動いてなかったから
硬くなっちゃたーっていう次元ではなく

その硬さ大丈夫?ってなるほどの硬さ

それに
気づいていない人はもっとヤバいかもしれない

自分の柔軟性チェックしてみてください
それ、ストレスかもしれませんよ

ストレスと筋肉の関係

呼吸は浅くないですか?

まずはそこから確認

呼吸を意識できていないということは
カラダになんて
1ミリも意識が向いていないと
いう状態だと思います

変な姿勢していませんか?
顔こわばっていませんか?
肩緊張していませんか?

精神的な不安は体をこわばらせ筋肉を硬くします

この時
精神的ストレスからくる緊張で
神経を仲介する姿勢維持筋が硬くなります

ヨガをしていて
わかりやすい部位だと
胸や内腿

私は内腿に出るタイプです

ヨガをしていなくても
経験したことがある人が多そうな部位は
みぞおちですかね

緊張すると胃が痛くなる感覚ってわかりますかね?

ストレスがたまると
みぞおちが硬くなります

余裕がない時って笑ってないですよね?
みぞおちが硬くなると
横隔膜が動かなくなります

ここを緩めることにより笑いやすく
カラダの緊張もほぐれます

果たして、
まず、ここが硬くなっていることに気付けている人が
どれくらいいるかがわかりませんが…

気づかなかったらどんどん
感情や思考、情報を溜め込んで
カラダは重たくなりますよね

昔からカラダが硬いという人は
わりと思考に走る傾向があるそうなので
一度アタマを使うのをやめてみませんか?

硬くなっていることに気づけたら
カラダに無理させず
普段からしっかり笑えているだろうなと思います



緊張をほぐして笑顔でいるためには?

まずは
これしかないでしょう
深呼吸‼︎

呼吸をしてください

両手をあばらに添えて呼吸をして
左右に開くようにあばらが動いていますか?

両手をみぞおちに当てて
息を吐きながら圧迫し
同時にカラダを前に倒します
(お腹を抱え込むようなイメージ)

息を吸いながら元の位置へ戻します
これを繰り返すと少しは緩むハズ

呼吸が浅いとこの辺の可動が狭くなります
狭いということは緊張して筋肉がこわばっている状態
呼吸も浅くなるし
いいことありません

その他の部位は
ヨガをやりながら
観察していてください

「毎日ストレッチやっているから大丈夫」という方も
いらっしゃいますが
ヨガとストレッチは違います

なぜヨガをやった後スッキリするのでしょう?
ストレッチと使い方が違うからです

緊張している、
カラダがこわばっている
動きが悪いと感じている方はぜひヨガをしてみてください

不調に自分で気づけたら

レッスンに来る人は気づけています
やばいなと思ってくる人いれば
来て、やばいということに気づく人もいる

自分のカラダが今どういう状態になっているか
把握してあげるだけでも
カラダをいい方向へ治してあげることができます

一番怖いのが
「大丈夫」だと思っていること

寝なくても大丈夫
肩こり?いつもだから大丈夫

この見て見ぬふりが
後々カラダに悪影響を及ぼす
もしくはもっと早くにやってあげればよかったと
後悔につながるんです

最近
カラダの様子がおかしい人が多いので
書いてみました

後は自分で気づいてあげられるか
ちゃんと向き合ってあげるかです

季節の変わり目
夏の疲れなど引きずってる場合じゃないですよ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です