アーユルヴェーダ時間での生活のすゝめ

目覚めのいい朝は
すごく気分がいい

アーユルヴェーダでは
起きやすい時間というのがある

今日はその時間ドンピシャで
シャッと起きました

聞いたことある方もいるかもしれない
ドーシャっていう
カラダの中にある性質

ドーシャとは?

ヴァータ(風)
ピッタ(火)
カファ/カパ(水)
が、働いてると言われていて

それが、時間帯にも存在し、

2-6時 ヴァータ(軽い/移動しやすい)
6-10時 カファ(重い/停滞)
10-2時 ピッタ(消化)
と、いう風に動いてます

結果

朝6時前後までの
ヴァータの時間が起きやすいのです

早起きが難しい場合は
寝起きをなるべく同じ時間にして
リズムある生活をするしかないんですけどねぇ…

たまーに
このヴァータ時間にスポッとハマる時が
あるんですよね

不安定な状態がカラダを疲れさせるんですよね

今日もいい1日を




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です