芋、栗、豆、人

風の時代の幕開けまで
2ヶ月を切り
個人の変容も始まっています

この2ヶ月を左右するのが
自分の身の回りを構築する人間関係でもあります

私自身ここ1ヶ月でも
ものすごいスピードで
人間関係や
仕事やモノゴトが
変化しています

風の時代は
人脈、情報の時代と言われていますが

情報はコミュニケーションであり
コトバも同等です

コミュニケーションが活発になると
いつも言っている
情報の取捨選択が必要になりますが
それに加えて
長文を使っていられなくなる…

最近私が長文が書けなくなっているのは
まさにこの状態なのでは
と思っています

適切な人間関係

何事でも距離や頻度
全てにおいて適度な距離感って大事です
これを見誤るとバランスが崩れます

いま一度
自分の身の回りを確認しませんか?

家の家具の配置も
部屋の真ん中にタンスとか置かないですよね?
冷蔵庫の扉の前に本棚設置しないですよね?

適した位置にあるか?
距離感はどうか?

人間関係や仕事の距離感や位置
見直してみましょう



天秤座から大きく動いている「人」とは?

天秤座の新月からパートナーという
キーワードが大きく動いています

風の時代の特徴として
人間関係の中でも
パートナー
の存在が
これまで以上に
意味をもってくると言われています

これは家庭に限らず
仕事でも

これは
類友と言いますか…

自分が良くない状態であれば
それ相応の人が近づいてきますので
この辺に関しては
まずは自分が整った人から
活動開始です

空を見上げる余裕でも

明日は十三夜
十五夜と対をなすのが十三夜

この2つを合わせて二夜の月と呼び

十五夜は収穫した芋を供えることから「芋名月」
十三夜は栗や豆の収穫の時期なので「栗名月」「豆名月」
とも言います

これは以前の記事でもお話していますが
どちらか一方の月しか見ないことを
「片見月」といいます

十五夜の月を見たら、十三夜の月も見ないと縁起がよくない
と言われ
昔は十五夜と十三夜を同じ庭で見る風習があります

十五夜は毎年大々的に
伝えられますが
十三夜はあまり聞かないので
毎年、勝手にガイダンスしております…

仮装して意味ないハロウィン〜♪してないで
(本来の豊穣の意味でやっているなら話は別よ)

空を見上げられるくらいの
余裕をつくりましょう

さて、ザッと話しましたが
どこまで準備できていますでしょうか?

ヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です