情報過多でアタマでっかちなヨガ

ヨガをやってヨガに迷子

近年〇〇ヨガと名のつくものが
たくさんあります

古来からあるものもあれば
それはナンデスカ?と
目を疑ってしまうものまで様々

多種多様で
受けて側が「選べる」選択肢があるというのは
良いことだと思いますが
それにより
ヨガ迷子が急増しているようにも感じます

そこに信念はあるか?

ヨガにドップリ浸かると
(今はだいぶ理解も柔らかくなりましたが)
宗教じゃない?とか
怪しい!という偏見が
つきまとっていましたが

生活スタイルやカラダ、そしてメンタルを
自分自身でコントロールして
整えることができるのが
ヨガ

師に教えを乞うことは大事です

が、

そこから先は自分の判断です

ここまでができないと
それはヨガではないのでは?と思います

ミーハーな方は
流行りのヨガや有名な先生に流れます
もちろん入り口はそこでも良いと思います

私が言いたいのは
有名な先生のレッスンだけを渡り歩いてる人や
流行りのヨガを取っ替え引っ替えやってる人を
心配しています

いや…
それもはやヨガじゃねぇ

もちろん単純に自分の知り合いだったり
好きな先生が全員有名な先生!って方もいるのは
知っているので
そういう方を否定するつもりはありませんが

そうじゃない人ね

なんでもいいからとりあえず!みたいなの
それヨガ的な行動ではないからね

基礎からやり直すべきでは?

知ってるとできるは別

どんなことも基礎の積み重ねの上にあります

今、技術などはネットからの情報も
得られるので
知識や技術を得ることは容易です

ただ自分のカラダは
そういうわけにはいかないと思います

「明日からヨガを習慣にしてください」って
言われても絶対続かないですよね

日々の積み重ねの先に習慣になり
クセになります

もちろん続かない人のための
習慣にするやり方などは
そこら中に転がっております

それをやることが
積み重ねの基礎になります

ミーハーなヨガも一緒

それやって何がどう変わりますか?
それは継続できそうですか?

ヨガ「楽しーーー」だけで終わらせて欲しくないです

ちゃんとヨガであれば
そのあと何かを持ち帰っているはず

安眠だったり
普段体感しない幸せな何かだったり
もしくは筋肉痛だったり…苦笑

アタマでヨガのアーサナの練習を
しない方が良いのでは?

ヨガを考えてしまうヨガはヨガじゃない
迷ってしまう練習はヨガじゃないと
思う今日この頃

何か引っかかることに気付いているなら
一度距離とったり
離れることも大切かなと

―――――――――――――――――――――――――――――

【On-line Morning Practice】
■予約リスト確認してください
■7:15-7:45
■オンライン

【ココロとカラダを整えるヨガ】
■毎週火曜日/木曜日
■10:00-11:00
■オンライン

【ヴィンヤサヨガ】
■土曜日
■10:00-11:00
■studio GIFT (自由が丘)

【Omiya Yoga】8月終了
■(sun)10:00-11:10
■市民会館おおみや

【studio lesson】
TSUTAYAconditioning(桜新町)

―――――――――――――――――――――――――――――

ヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です