師との距離感

ヨガはもともと
1対1の
師匠と弟子の関係

成り立っているもので

グループレッスンというのが
フィットネス的に感じるのではないかと
常々思ってしまうのですが

ヨガはグループでやっているように見えますが
師匠が個々のカラダやメンタルを
見ながら進めていくのが通常です

常にチャレンジは続けますが
弟子のメンタルが
今についてきていなかったら
その先、師の指示があるまで
進まないのがヨガです

師匠と弟子の関係

ヨガは
師匠と弟子の関係にあるように
インストラクターは
過剰に提供したり
触れ合うというような
サービス業ではないと思うんです

なので出来るだけ
個々に対応したレッスンをしますが

それ以上の生き方や日常の
気づきを得ることに対しては
足を踏み入れませんし
本人次第です

この距離感は
絶対的に必要な距離です

もちろんSNSが普及してきている現代
私自身、露出することも多いですし
逆に皆さんの日常を見ることも出来ます

気軽にコミュニケーションを
取ることが出来ますし
SNSの目的でもありますよね

このコミュニケーションの場も
意味を履き違えないようにしていきたいですね

もちろんそこから
仲良くなる人もいますが

当たり前ですが段階を踏んで…からのお話です



場所にあった行動、発言を

SNSも用途によって使い方は変わります

知っている方のみ
お返事するSNSもあれば

不特定多数でも良識のある方々であれば
面識なくてもお返事したり
コミュニケーションとるSNSも
あります

しっかり情報を得たい方や
企画などに参加したり
わりと直接やりとりできるのが
スキルアップオンラインサロン(有料)

こういった風に分けてます

これはサービスではなく
しっかり学びたい人に特化していきたいから

全部同じで全てに答えていたら
それはただのサービスになります

私たちの知識や経験は
安売りするつもりはなく
ちゃんと学びたい弟子へ伝えたいし
その方達へ時間を割きたいから

もちろんどの場所であれ
失礼な方や
私にとって不要な時間を取ろうとする方は
お断りします

これは
通ってくれている人同士に対しても同じです

レッスンは練習する場であって
相手が不快に感じるような迷惑な行動は
避けるべきだし
できないのであれば
通うことをお断りするまでです

空間を守ることまでが
ヨガ講師の仕事です

間違ったサービス業にならないように

なぜこんな話をしてきたかというと
たまにDMなどをしつこく送ってくる方や
節度を越えたコミュニケーションをしてくる方が
いらっしゃるからです

お仕事のやりとりは即レスするように
心がけていますが
常にお返事ができる状態に
あるわけではありません

レッスン中のこともあれば
撮影していたり
作業していることもあります

特に内容がなく
ただ、話がしたいだけ
こちらから返信がないだけで
次から次へと送ってくる

など…

興味を持っていただけるのは
嬉しいのですが
受け取る側からしたら恐怖でしかないです

早急に辞めていただきたい‼︎

もちろん
全てが近くの方ではないですし
会ったことない方とお話する場や
ちゃんと質問できる場なども
設けています

お返事するのも
当たり前ですが第一優先はレッスンに来ていただける方
私は目の前の方を優先します

そちらが私のことを知っていても
私は知りません

どこの誰かもわからない方は
ちゃんと名乗って
ちゃんとしたルートで
ちゃんとコミュニケーションを
取ってからにしてください

インストラクターは
表に立つ仕事ですが
アイドル的なお仕事ではありません
中には一緒に写真を撮ったりしてくれる方も
いると思いますが
そういったことがメインの仕事ではないんです
節度ある行動を

師(人)として接していただけないのであれば
ヨガをしていても
ヨガ的な考え方をできていない証拠かと

ヨガはサービスでやっているわけではありません

ヨガが好きだからこそ
好きな人たちが集まった楽しい空間を
大切にしたいのです

―――――――――――――――――――――――――――――
【ココロとカラダを整えるヨガ】
■毎週火曜日
■9:30-10:30
■Dining cafe&bar Acti

【studio lesson】
TSUTAYAconditioning(桜新町)
Open Heart(吉祥寺)
―――――――――――――――――――――――――――――

ヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です