守備をかためる

今までの環境は戻ってこない

事態が終息するのが一番理想ですが
変わってしまったものは
振り返れないし
柔軟に対応していくべきかと

正しい知識を入れ
この環境を正しく怖がる

withの関係

最近ストレス疲れしている人
不安疲れしている人を
レッスンでも多く感じる

私もついこの間までは
不安を感じながらも
なんとかなるって
他人行儀な感じはありましたが

私はある瞬間に
良い意味で吹っ切れて

人の変化と一緒で
自分の生きるステージが変わった感覚

職種の違う転職や結婚や妊娠など
これは自分の選択での変化ですが
ステージが変われば生活スタイルは変化する

どんな方も
対応力は持っているはず

人間は進化をしたから
生き残った生き物です

新しいステージでの対応策を考える

自分で何ができるか
どうやってこの時代に生き残って行くのか

自分を守りながら
攻める方向へ舵をきった

今こそ
仕事や生活を再設定していくべきかと

これは「今だから」ではなく
今後二波三波来たとしても
その波を乗り越えられるようなステップを
習得していくようなイメージです

変わり続け
どんどん試していくことが大事

単純に最近みんなオンラインでやってるから
やったらいいじゃん!じゃダメなんですよ

多分その変化
一歩遅いんです…

オンラインサロンでは
どう変化していくのが理想的か
詳しく例を挙げています

自分を守るための防壁は建て
攻め込むための体力や能力はとっておくべき

その「守るべきの情報」収集をしっかりしていく事

ただし
SNSやテレビは丸々信用しないように

よく考えればわかりますよね
テレビ利用の主な対象者は誰ですか?
テレビは視聴者(視聴率)あっての発信
その視聴者に対して有効な情報しか発信しません

自分の責任で情報をとりにいきましょう
これが自分の舵を握るということ

船長の舵取りのタイミング

私もサロンメンバーなど
一番近くの守るべきところから
防壁を建てられるようにお手伝いしていきます

この時期にヨガが
役に立てると思っているのは間違いないし

ヨガを発信することを
止めるつもりはないです

ただ状況によっては
今じゃねーよ!って人も
中にはいるかもしれない

ヨガのインストラクターも仕事がなくなり
この状況でスタジオが閉業し
周りにもフリーランスや自営業の人たちが
たくさんいます

私の受け持つレッスンスタジオも
長期の自粛により閉店を続け
レッスンの復活を待たずして
このまま今月閉業する報告を
先日受け取りました

インストラクターを抱え倒産するくらいなら
「解散」というカタチで
我々を手放し
母体だけでも残ってくれた方が
今後の未来に繋がるので
英断だったと思います

事落ち着いて
またヨガ事業をやることが有れば
その時に携わらせていただきたいなと思います

まさに
いい距離感で「お互いに頑張ろう」です

好きだから会わない選択

KAORIYOGAは
全てオンラインに切り替えましたが

もちろん対面で続けている
クラスもあります

私はマスクを着用して
レッスンをしています

誰よりも喋り続けているからね

人数制限をしてもらい
換気をした上で
アジャストもせず行ってます

長期家にいて動かないと
メンタルがやられる人も出てくると思う

今必要じゃなくても

この状況を乗り越えた後に
ヨガが必要になる人もかもしれない

そのための準備もし続けるべき

自分や周りを守りながら
次の波が来ても戦える備えをしていきましょう

さて、楽しいことは自粛せずに
考えて行動あるのみ

好きな人たちには
ちゃんと会いたいので
今はしっかり距離を取った繋がりというのが
大切なことなんじゃないかなー

―――――――――――――――――――――――――――――
【ココロとカラダを整えるヨガ】
■毎週火曜日
■10:00-11:00
■in SHINJYUKU 407

【ヴィンヤサヨガ】
■隔週土曜日(奇数週)
■10:00-11:00
■studio GIFT

【TRAIN BLEU morning yoga】
■毎週木曜日
■10:00-11:00
■吉祥寺 アトリエトランブルー

【Omiya Yoga】
■4/19(sun)10:00-11:10
市民会館おおみやオンライン

【studio lesson】
TSUTAYAconditioning(桜新町)
UP FOR YOGA(品川)

―――――――――――――――――――――――――――――

ヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です