幸せを感じるためにする事

春分の日は
大事に過ごせましたでしょうか?

私は早速新しい流れが
流れて来たように感じています

ちょっと人の流れが変わって来たかな

あとは次の新月4月16日も大切に過ごせると良いよね
良い流れを根付かせる日でもあります

あれだけいろんなところで
ぼた餅売ってるんですけどね
え?そうなんですか?って
今日のレッスンでの会話がこんな感じなので
結構スルーな方も多いのでは?

出遅れたーって人は
次の新月ちょっと意識できると
良いかもしれないですね

早起きの達人

今日言われた新しいフレーズ
私は早起きの達人らしい

先に訂正しておく
そうでもないで! 笑

朝、わりとシャキッと動いているらしく
そう見えるみたい

もう一度言おう
そうでもないで!笑

朝苦手な人からしたら
羨ましくみえるようだ…

でもそれは自分の身を置く場所を変えれば
改善するのでは?と思う

春分の日を境に昼と夜の時間が均等になる
もし変えたい人がいたら
今なのでは?とも思う

もともと
仕事の関係もあるけど
めちゃくちゃ夜行性な生活を送っていた

でも太陽の光を浴びなきゃ
そりゃカラダのバランスはおかしくなりますって

そこからなるべく
朝活動する生活に変えている
あとは翌日に疲れを持ち越さないように
心がけている

疲れが抜けないときは
時間はいつも通りだけど
シャキッと起きれないし
重たく感じる

そんなときはシャウチャ
要は余分なものを削ぎ落として
自分をキレイにする作業

簡単に言うとシャワー浴びるか
お風呂に入るってこと
そうする事でシャキッとします

時間は休みの日でも
アーユルヴェーダの風(ヴァータ)の
時間には起きるようにしている

午前2時〜6時の間だね

ここを超えると
もう絶対起きられないんじゃないか?
って言うくらい
超絶重たくなる…

この時間知ってるんだけどねーっていう人も
実行してるって人あまり聞かない

騙されたと思って
何ヶ月か続けたら習慣になるから

そうするといつの間にか
朝型の完成!



太陽の光を浴びる

何気ないことかもしれないけど

夜型の人と朝型の人では
浴びている時間が違うと思う

そもそも人間の体内時計は
太陽の昇降によって形成されているものなので

体内時計を正しく保つためには
目から入る太陽光の刺激などの情報を
体内時計に伝える伝達役を整えること
つまり自律神経を整えるということです

自律神経系のバランスが整うと
目から入る光
食事による胃腸の働きや体温の変化
といったといったことが正確に伝わるようになり
体内時計を整えるのに役立ちます

あとは難しいことをゴチャゴチャ言わずに
太陽の光を浴びると
幸せホルモンであるセロトニンの分泌を
促すということ

適した時間は
午前中から昼過ぎまでの時間帯
日光浴でセロトニンを増やすには
目から入る光の強さが特に重要
しかし太陽光を直接見ることは非常に危険なので
ガラス越しに部屋に差し込む光や
カーテン越しなどの光などで十分です

太陽の光見てますか?
何かと月星座の話をするので
最近みんな月の動きに敏感になって来ましたが

陰と陽のバランスは大事
太陽光もしっかり取り入れてください


朝活はこちらまで

RESERVA予約システムから予約する




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です