骨盤バランス矯正ヨガを解説

YouTubeでレッスン動画配信を
スタートしました‼︎

動画って流れるように進んでいくので
サクっと出来るのがいい反面
これで良いのかな?と
疑問を持つ方も多いんですよね

しゃべる時間が決まっている分
伝えきらないので
こちらで解説していこうと思います

普段ヨガ通っている方などでも
ポイントを知って動いてもらえると
カラダが変わると思いますので

参考にしていただければと思います

観察するアーサナ

ヨガは
効かせるアーサナ(ポーズ)と観察するアーサナ(ポーズ)があると
思います

なので
常に全力でやるのではなく
今どこに意識が向いているのかを
観察しながら行ってください

観察するアーサナ


▲バッダコナーサナ/合せき前屈のポーズ

まず、こちらのアーサナ
座った状態での前屈ですね

前に倒そう倒そうとする方が多いのですが
今回は骨盤にフォーカスしているので

つけ根に力が入っていたり
詰まっている感覚があったり

膝の下がり方の左右差がないかどうか

腰が丸まっているのか伸びているのか

自分もカラダの気になるところを
スキャンしてください


▲ウッタン・プリスダアーサナ/トカゲのポーズ

こちらも同じく観察するアーサナ
このレッスンの中で特に左右差が出やすいポーズ

右と左で肘が付く付かない
膝がカラダから離れていくorくっついている

無理に同じにしなくて良いので
どう違うか見ていきましょう


▲中腰片足前屈のポーズ

観察系ラスト
腿の裏や膝裏、お尻、足首
自分の背面に意識を向けていきます

背面って普段でも見えない場所なので
感覚を研ぎ澄ましてください



カラダを意識して使うアーサナ

全力でやる必要はないですが
なんとなくやるのはもったいないポーズ

どこを使っているのかを意識しておこなうと
かなりカラダに効きます


▲マッツェンドラーサナ/座位ねじりのポーズ

ねじりのアーサナは
グイグイいったら効くとか痩せるではないです

足の向きしっかり定めてください

土台を中心に背骨を真っ直ぐ立てて
お腹ではなく
胸からねじります

胸からなので
はじめは全然ねじれないと思います

柔軟性が上がってくると
ねじりが深まるので
ちゃんと使いながら気長にやっていきましょう


▲ジャヌシールシャーサナ/片足前屈のポーズ

ふくらはぎがカラダと並行
前屈を深めるではなく
お尻、ふくらはぎに効かせます
なので普段凝っていたり、張っている人は
かなりキツイと思います


▲アシュワ・サンチャラナ・アーサナ/三日月のポーズ

間違ったカタチをとって痛めやすいアーサナ
腰を反ろうとすると痛めます

腰は使わないように
お腹に力を入れて
胸から反っていきます

力の入れるポイント
抜くポイントを間違わないように!

無理せず自分の幅で行うアーサナ

人それぞれ
筋肉量も違えば
柔軟性も違う

同じカタチにはならないので
調整をしてください


▲スリーピングスワン

この姿勢はじめてやる方は
どこが正解なの?と疑問を持ちやすいアーサナです

ヨガには正解というものはないですが
今回はお尻、太腿伸ばしたいので

曲げている方のお尻は着きましょう
きつかったら
お尻の下クッションとかを
挟んでも良いです

後ろに伸ばしている足は
真っ直ぐ伸ばすのが一番キツイので

真っ直ぐだと大変な人は
真後ろではなく
外側に伸ばして軽減させてあげてください

徐々に股関節周りの柔軟性があがれば
真後ろに伸ばせるようになります

これも1つの目安に
股関節周りをほぐしていきましょう‼︎

いかがでしたでしょうか?
レッスンの中のいくつかをピックアップしてみました

なんとな〜くやるのではなく
自分のカラダの為にやってみてください

カフェヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です