妊婦さんの為のヨガ

最近
妊婦さんにヨガをする機会が多くあります

私は妊娠経験もないし
出産経験もない

マタニティの資格もない

自分の変なこだわりで
基本経験したことしか出来ないと思っていたので
やってこなかった

ただカラダに対しての知識は活かせると思い
私にカラダを任せてくれる人がいる限り
引き受けようと思ってやっています

妊婦さんって特殊な状態なことが多々ある
少しの異変にも気づけるように
気を使うし普段より細かく観察しながら行います

マタニティヨガ

マタニティヨガとは
妊婦さんでもできるようプログラムが組まれたヨガ

主に呼吸・ポーズ・瞑想を行うことで
妊娠中に起きやすい腰の痛み、肩のこり、冷え、お通じの悩みを緩和していきます

マタニティヨガを行うときは
安定期を目途に、医師に確認してから行いましょう

少しでも違和感があったり
お腹が張ってきたら中断するようにしましょう

服装もゆったりとした部屋着などでリラックスできる空間を意識します

妊娠週数が進むにつれて体が重くなり
関節が痛みやすくなるので
自宅でもヨガマットを使ってください



妊娠後期、股関節の痛み

今回プライベートレッスンを行なっていた妊婦さんから
股関節、尾骶骨の痛み
で、どうしたらいい⁇との事

なので、予定より早めにレッスン

妊婦さんの5割が経験するという股関節痛
足の付け根のあたりが痛くなるやつ

私もたまにある…(全然妊婦じゃないけど)

この股関節痛は妊娠後期の臨月に多く見られるそうですが
早い人は妊娠3週目から症状が現れることもあるそうです

妊娠中の股関節の痛みは
お腹が大きくなることでお腹の重さも増えて股関節に負担がかかり痛くなるというイメージだと思います

妊娠初期(2ヶ月~4ヶ月)
妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月)
妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)
出産後では、股関節が痛くなる原因が異なります

妊娠初期の痛み

妊娠初期(2ヶ月~4ヶ月)に股関節が痛くなる原因

子宮が大きくなってくると骨盤が圧迫されてゆがみます
すると骨盤まわりの連結部分もゆがむので
股関節付近もゆがんで痛みがでます

ホルモン分泌の変化も影響していて

女性の体は妊娠すると、リラキシンというホルモンが分泌され
出産に備えて骨盤まわりの筋肉を緩める働きがあります

骨盤周りの筋肉が緩むことで、骨盤がゆがんでしまうのです
ちなみに、リラキシンは、妊娠初期と後期に多く分泌されるそうです

妊娠中期の痛み

お腹が大きくなり体重が増える時期なので
重心が前になり猫背のような姿勢になりやすくなります

猫背になると
体を骨盤で支えるようになるので骨盤がゆがみやすくなり
股関節が痛くなります
お腹を支えて骨盤の負担を軽減するようしたいので

骨盤ベルトや妊婦帯などで外側から支えると
骨盤の負担は軽減し、無理な力が筋肉にかからなくなります

妊娠後期の痛み

今回はこれ
股関節と足の付け根の痛み
もともとカラダが右に歪んでいたのは知っていたのでキタカ‼︎って感じですね
カラダを動かして軽減していきます

今日は
ノリノリの曲でいきましょ〜♪

①両手を腰に当てて8の字に動かす

右回しも左回しもやってみると左右差がよくわかると思います‼︎

②仰向けで両膝立てて左右にパタパタ倒す

最初

最後

膝が倒れたのがわかりますかね?
痛みもなくなったそうです

ヨカッタヨカッタ
あとは継続してください…

経験値アップ

妊婦さんはやっちゃいけないポーズもあるし
勉強することもたくさんある

なにがきつくて大変なのか
私は体感した事ないから実体験を話せないけど
色々な方を見てきてそれがまた私の経験値になるんだと
今回色々考えさせられました

今のところ
妊娠する予定もございませんが
この経験を糧にもっと勉強していきたいと思いました
今回もすごくカラダについてすごく勉強になったし
素直なリアクションを受けて
もっとこうした方がいいというアドバイスもさせてもらって

妊婦さんじゃない人でも応用できるかなと思ったので
経験値上がってます

この方はもう出産準備に入るので
今回で一旦終了ですが
この機会に感謝

戻って来る頃にはさらにパワーアップしておきます♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です