十三夜、のちの月

昨日の展示の搬出に伴い
右腕が劇的な筋肉痛でございますKAORIです

ハロウィンも終わりまして
11月に入りましたね
なんかお祭り騒ぎが落ち着いて
静寂が戻ってきた感じがします…

季節の節目とか
祝い事は大事にしたいけど

最近はすぐイベント事にして
ちょっと変な盛り上がり方してますよね
しかも国産じゃないイベント…

(そういうの苦手なタイプです)

楽しいのはいいことですけどね
ホントにそれやってて
楽しいです!?笑

蠍座の木星&ハロウィン

もともとハロウィンは邪気払いや悪魔払いの風習から始まったもので
ドラキュラとかそーいうやつ
蠍座も見えないものが見えたり
ちょっと特質な星座だったりするので

その時期にハロウィンとか
天体や西洋文化って繋がってるんだなぁ…と実感

なので邪気払いとか浄化とかを目的にやりましょーねなんて、
昨日のレッスン前にもそんな話をしていたら

シャヴァーサナ中にカボチャの飾りがズルッと落ちる
最後フィードバックしてる間に
さらに飾りが落ちる…

なんか居るな!!笑

私が天体の話をレッスン前にすると
割りと高確率で何かが反応します
(もの倒れたり、落ちたり…)

昨日は
なぜかものもらいが出来る
右目だけ涙が出てものもらいにならなくて済んだ!!
って報告も

なんか発してるみたいです
ハロウィンだからなんでもありですね笑

そんな不思議な話



11月1日今日は何の日?

ハロウィンでひとしきり盛り上がった方
そうでない方も
今日の夜は空を見上げましょ

十三夜ですよ!!

中秋の名月の後なので
後(のち)の月と言われたりします
あとは、栗や枝豆を供えることから
栗名月(くりめいげつ)
豆名月(まめめいげつ)ともいいます

お月見は年3回、十五夜、十三夜、十日夜
(閏年とかその他諸々によって4回あったりすることもあります)

十五夜でお月見した方は
十三夜もお月見しないと方見月といって縁起が悪いと言われています

最近は空が澄んでいて
写真じゃ分かりにくいけど
昨日の月もギラギラしてました

あと3日後には満月です

きっと月もエネルギーが満ちてきているんでしょうね

十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのに対して
十三夜の夜は晴れることが多いみたいです

今、日本に居るなら
日本の自然の風情を味わうこともありだと思います

お供えするものは
お団子、
季節の果物や野菜やススキ

十五夜と大体同じです

イベント事のたびに楽しむのではなく
日々の中にささやかな楽しみを探した方が
幸せを感じやすいですよ

さて、お団子食べてお月見してきます
みなさま素敵なお月見を



“十三夜、のちの月” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です