人を見て学ぶこと、自分のその先を見据える

人の振り見て我が振り直せ

他人の姿、やっていることを見て
自分自身を改めようという意味

昨日のイベントレッスンで
やる本人も得ることが多いと思いますが

見る方も色々と
考えさせられることがあります

なので
体験してもらった人には
なるべく
感想やフィードバックを
本人の口から伝えるように
してもらってます

感じたことを実践

昨日感じたことや
伝えたことの中に

流れ
いわゆるシークエンスっていうレッスン内容

っていうのがあって
それについて
昨日はレッスン後あれやこれやと話た

で、
自分はどうなのか?
と今日の練習で気づいたわけです

自分は先生なわけで
生徒を誘導で導くわけです

何で導いているのか?

声?

動作?

大事なものが抜けていたことに
気づいたのです
正確に言えば
最初はしていたんです

今自分が忘れかけているということに
気づいて初心に帰ろうと
思いました



初心にかえる、常に初心

いろんなレッスンに行けば
いろんな先生に会えるし
いろんなレッスンを受けられる

先生によっても考え方や
感じ方は様々

それはそれで全然良い

ただ流行りやなんだを
取り入れているレッスンばかりに
参加すると
何をやってるかわからなくなる

それはダメだ!

たまには楽しくはありだけど
何がやりたいのか
自分はなぜヨガをやっているのか?
なぜヨガなのか?

そうそう、
私はキラキラしたヨガが
やりたいんじゃないのだと

リセットする力は常に持ち合わせていたい
と思うわけです

原点回帰

ドリスティ
視線、目線

ヨガでなぜ目線が付いてくるのか?
それは視線をおくることで
解剖学的にも正しい位置に
自分で導いていく為

視線がいかないということは
間違ったアライメントを
しているということ

動きの中で
視線がブレるということは
カラダに集中していないこと

そして自分はというと
全然意識向いてなかった
ブレブレ…

気づいただけ良かった
今日から改善
まだまだ大量の伸び代があった模様
そしてどこに伸びるのか
方向が少しづつ見えたみたい


フィードバックや何かをして
自分で発するコトバで
自分の気づきにもつながる

だから発信するようにしている
レッスンを見ていて
感じたこと
自分で変換して
今日に活かす

出来ることから行動に




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です