マタニティヨガで快適なカラダつくりを

また1人私のヨガのレッスンを
受けていた方が
安産でスピード出産‼︎

おめでとうございます!
母子ともに健康!最高です!
嬉しい限りです

妊娠中の女性のカラダは特有
だからこそきちんとケアしてあげる必要がある
その為にマタニティヨガが必要な方には
レッスンを行なっています

スタジオでは行なっていませんが
パーソナルや少人数制のレッスンでは
妊娠中のお母さん対象に

主に
赤ちゃんを産む為のカラダつくりと
出産までの期間を快適に過ごしてもらう事が目的

スタジオで行わない理由として
スタジオの場合
ほとんどがグループレッスンで
通うという事が
ハードルを上げてしまい
通えないという事で
余計なプレッシャーを感じてしまう
人がいるから

妊娠中のカラダは
常に体調が良いわけじゃないからね

あとは
普通の人より敏感なカラダは全員違うし
常に全員に気を配る出来ないから

それだけ普段より繊細なんです妊娠中は
だから母子共に丁寧に大切な時間を過ごしてください

マタニティヨガとは

最近はやりの…という言葉は
もう使い飽きてきているんですが

スタイル良くしたり
美容云々かんぬんと
そういったヨガとは全く異なります

日常生活全般や注意事項、物事の考え方
インドの伝統医学アーユルヴェーダなどに
基づきお伝えしています

妊娠中に多いココロやカラダの
不調解消にフォーカスした
まさに心身の調整です

赤ちゃんのリズムは
大人のリズムとは異なります

つわりや
カラダが重たくなったり
疲れやすくなるのも
お腹にいる赤ちゃんが存在をアピールしながら
お母さんのカラダを
育児モードに変えているサインです

しんどい時
お母さんの体力を消耗させないように
「休んでね」と合図を送っているのです

そういう合図を見逃さないように
耳を傾けていく時間が必要になります

特に忙しく仕事している女性が
増えてきているので
そういったときこそ
ヨガでじっと自分を見つめてあげてください



女性のカラダは女性にしかわからない

決めつけてはいけないのかもしれないけど
実際そうではないですか?

例えば
“左右にヨタヨタと変な歩き方をしている1歳位の男の子”
この子を見て
男性はポジションが悪いんだと気づける
女性にはわからない感覚ですよね?

逆に
“オムツをした女の子がお尻の方までおしっこが流れて
濡れてて気持ち悪いんだねー”

この感覚は男性にはわからないそう
女性はなんとなくわかりますよね?

なので
いくら勉強しても理解しずらい点ってあるんです
だからこそ寄り添える事があると思って
必要な方には
その人に必要なヨガや生活の方法を
お伝えしています

ママが伝えにくい不調なども
旦那さんにはこういう時
こうしてほしいとかも伝えます

なんて偉そうなこと言っていますが

私も
はじめはマタニティって
恐怖すら感じていた時期があります

だって目の前にいる人の他に
今どういう状況かわからない
目に見えない人の命を預かるんですよ?

産婦人科の先生に相談したこともあります
「流行っているし需要あるからやれやれ言われますが、
怖くて、そんな軽々しくマタニティヨガなんてできない」

当たり前ですが恐怖がある時期は
やらない方がいいと言われ
距離とっていました

でも必要な方ってほんとたくさんいるわけですよ

いつもならとりあえず経験してみる!なスタイルなんですけど
出産だけはね、どうにもならんわけで…苦笑

自分が出産経験あるわけでもないので
とにかくカラダを
学ぶ、妊婦さんと赤ちゃんの動きと寄り添うの
繰り返しです

そして全員
安産・スピード出産の報告が来た時にホッとするわけです

なので出産したママたちの経験もプラスして
次のママへのヨガにつながっていくわけです

みなさんの経験の糧をいただいて
ここまで自信を持って
お伝えできています

全ては心地よく生活してもらうために

妊娠中のママへ

受胎したのは
カラダのバランスがいい状態だからです

10ヶ月後にはお母さんになれますよという
カラダからのメッセージ
自然のリズムに合わせて
自分のカラダの声を聞きながら
いいお産を迎えてください

私は
微力ながらそのお手伝いをさせていただきます

ベビちゃんが産まれたママは
今度、産後ヨガですよ!
忙しくなると思いますが
今度はママ自身がさらにキレイなれる
絶好のタイミングを
与えてもらってと思って
整えていきましょう

カフェヨガレッスンは予約サイト
プライベート、出張レッスンなどのメニューはこちらから

ご質問などはLINEよりお願いします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です