カラダのダル重ありませんか?

最近異様に眠いだるい
なぜなんでしょう?って良く聞かれるんですが

湿気じゃないかな?っと
まだ梅雨入りしてないから意識している人
少ないかもしれないけど

湿度が高くなるこの季節
体内もこもりやすくなります

特に内臓は

梅雨を快適に過ごす為の準備をしていきましょう

湿気がこもるとどうなるか

気圧の変化によって心身共にバランスを崩しやすくなる時期
多分私も今コレ

カラダが変だなーと感じていたけど
真夏日&雨を繰り返していて
この辺が乱されているなと自己分析

なぜ湿気るかというと
今はジッとり暑いので
汗をかくまでいかず
でも微妙に暑いので水分補給などをしますよね?

そうすると
水分が蒸発しにくく
身体に余分な水分が溜まりやすくなるんです

よって
胃とともに消化吸収を司る臓器、
脾臓の働きが弱くなり
梅雨の時期にお腹の調子を崩しやすい方は
脾臓が弱っているからかも…

あとわかりやすいのは
下半身のむくみとかですかね?
余分な水分が溜まれば
むくみにつながります…

そんなわけで
この辺をクリアにしてあげられれば
スッキリできるはず



改善策はなんだろう?

ヨガ的な改善方法ね

脾臓の経絡と言われる
気の流れがあるんだけど

自分のカラダ触れる人は
追っかけながら読んでもらうと良いかも

その流れが
足の親指内側から脛の内側
膝と腿の内側を通って上がって行きます
お腹に到達した後
一方は脾臓、胃と繋がります
もう一方は
股関節、胸のラインを上がって
再び二手に別れ
一方は体内を通って舌に
もう一方は脇の下に行きます

今なぞったラインをヨガのポーズで使えると
良いかと

例えば

バタフライ
股関節から上体を曲げることで
膝の内側、股関節をピンポイントで刺激
内腿の筋肉とそこを通る脾臓の経絡を使います

キャメル
膝立ちから骨盤を後傾させずに背骨を反らすことで
骨盤から上半身の脾臓経絡を

などなど
経絡って普段聞かないと思いますが
陰ヨガっていうヨガで効果的に用いられます

ちょっと症状がある方普段の生活に取り入れてみては?

メンテナンスヨガ

ネーミングとしてはどうなんでしょう?感はありますが
わかりやすいかな?と

本日のNight Yogaでは
これらを取り入れていこうと思ってます

夜のレッスンだし
カラダが整うように持っていけると
良いですよね

私の最近のレッスンで
ロースクワットを良くやるのも
これを意識しているからなんです

つま先、足首は下半身を通る経絡が全て通っているので
ここを刺激するとむくみがスッキリするだけでなく
全身の健康に良い影響があります

水分排出を司る腎臓、膀胱、
そしてデトックスを司る肝臓、
胆のうの経絡まで刺激することができます

…ロースクワット!なにそれ!って思いますか?笑

今日もやります!
写真なし!笑




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です