季節の変わり目は天体の動きが関係する

季節がガラッと秋になってきました
私のレッスンも
もう秋冬のカラダに合わせた
内容になっています

同じレッスンをしていても
もちろん変化は感じられる
ただし、それは自分にちゃんと
意識が向いていいる人
自分のメンテナンスが普段から出来ている人に限る

ヨガ始めたての人や
そうじゃない人には
いきなり「自分を感じろ!」は難しい話なわけで…

だからこそ
整える為の先生がそこを意識して
レッスンをしていかないといけないと思うんです

カラダも季節と共に変化している

当たり前ですけど
日々カラダは季節に対応して変わっているんです

最近は気候も今までの常識を
超えてくることが多くないですか?
ってことは季節や気候も変わっているんです

その変化にカラダも対応していかないと
いけないと思うんです

変化に当たり前ってないですからね
情報は常に最新にアップデートするべきです

今はいつまでも夏のカラダでいたら
秋冬一気にやられると思いますよ

今は秋バテとか冬鬱とか
色々な表現をされていますが
要するにカラダが季節に追いついていないと
発症する症状ですよね

なってからでは遅いと思うんです
出来るだけ早い段階で整えてあげないと

ヨガは
カラダ(うつわ)だけでなく
ココロ・メンタル(中身)も育ててあげるものです

ココロが整わないと
いくらカラダをやっても意味ないです

バランスが取れてこそヨガです
運動やエクササイズじゃないですからね

別に運動やエクササイズが
悪いというわけではありませんし
むしろ運動を適度にしている方が
カラダは整いやすくなりますので
動いた方がいいです

ただ、それだけでなく
両方やってくだいって事です

自然に対応するには、そこ重要



実際何をしたらいいのか?

まずは季節の変化に敏感になりましょう

暦の節目ってあるじゃないですか?
わかりやすいものだと

立春・立夏・立秋・立冬

この日を知ってるだけでも良いと思います
カレンダーとかにも書いてあったりしません?
自然界の動きとしても
天体などが大きく変動するタイミングでもあります

なんとなく節目でついているわけではないんです

知ってますか?
暦の二十四節気って
国立天文台が発表してるんですよ

私たちの思っている以上に
自然の中の動き、主に天体が関係しているんです

その動きに意識を向けられないようであれば
それを感じられる余裕を
まずつくりましょう

最終的には
それを知らず知らずのうちに
感じられるようになるのが理想かと

そこからさらに踏み込めるようになると
良い気の流れを取り入れて
自然の動きに任せた
運気の上げ方が出来ると思います
自分の質を上げるっていうのかな?

うまく行くときやタイミングが
わかるようになってきます

もちろんそれができている人もいるけどね
そういう人はやっぱり
自然に意識が向けられてる

その話はもちろん
自分を整える、整っているっていうことが前提

自然に身を任す生活の仕方

明日、魚座の満月を迎えます

満月・新月もある意味節目です

そして
今回の満月・新月は
この先迎える天体の
もう1つの大きな節目に向かって
今後1年くらいを左右する
大事な動きをする時期です

これもその時やったから良いではなく
日々の「カラダを整える」であったり「準備」が
必要だったりします

そんな深く突っ込んだ話を
来月9日
座学のワークショップ
としておこなうことになりました(宣伝!!)

たぶんここで話すと結構時間かかるので…
一応ちょろっと話したのがこの記事

以前から
月星座など興味のある方がけっこういらっしゃって
座学の話は出ていたのですが
なかなかタイミングが合わず

今回そういうタイミングなんでしょうね
しかも9月9日は、次の日10日が新月
参加出来る方はギリギリ間に合う!

っていうタイミング!!
ここで機会をいただけて良かったです

簡単にできる新月前リラックス方法とか
お伝え出来ればいいかなと思います

ヨガはカラダを動かすけど
座学はわりとココロやメンタルが動くと思います

参加されたい方は
ご連絡いただければと思います

アーユルヴェーダ月星座、乙女座新月(座学)
■日時 2018年9月9日(日)
■時間 11:00-12:45(70分位を予定しています)
■場所 大宮
■金額 5,000円

内的変化は外的変化以上のエネルギーがある
いくらでも無意識は意識化出来る
人間は意識でつくられているので
意識が変わればそれは様々な変化が起こると思いませんか?

私も学んで人生の流れが変わったと思うので
出来るだけいろんな人に
有益な情報が伝われば良いなと思います

そのまず第1歩




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です