モノ・コト・ヒトに永遠はない

はっ
と、気づいたことです

皆さんも一度は経験ありませんか?
いつも当たり前にあるものだと
思ってたものがなくなった経験

ヒトでもモノでもコトでも。

例えば、
いつも一緒に居たヒトとサヨナラする
いつも身近にあったものがなくなる
いつも当たり前だった場所がなくなる

あ、
そんな重たい話じゃないよ
ちょっと思うことがあったので

大好きな場所がなくなる

昨日突然連絡を受けまして
大好きなお店が閉店する
業態を変えるらしく、事実上閉店

メンバー総入替え
もはやそこは知らない店になる!!ということ

昔働いていたということもあるのですが
創作和食のお店です
お店、ヒト、全てが好きです

ま、好きだから働いてたんですけど
面接の時もお米の話で盛り上がり
ここも、この店が好きだから働きたかったんです

なのでこの時代は
アトリエ運営と掛け持ちしてたことになりますね
(アトリエは開催曜日や時間が決まってたしね)

別で仕事しているのも承知してくれていたし
時間なども融通きかせてもらいました
が、そうしてまで
学びたい事があったんです

ただの、ごはん屋さんではなく
板前さんも店長さんも全員がその道のプロ
接客のイロハや
きめ細かいおもてなしの仕方、見極め方
いろんなコトをここで教わりました

今インストラクターとして
ある程度の人数ならスタジオ内
全ての人を見られる
ひろーーーい馬並みの視野は
ここで培われたのかもしれないです

だからこのお店は「居酒屋・ごはん屋さん」
一括りに言われるのが
個人的に嫌です 笑

「創作」和食ですっ!!

スゴイんですよここの人たち

インストラクターやる時も
応援してくれて

辞めてからも
たまに食べに行くと
「痩せた?食え食え」と
当時の食べてた丼飯の量を今でも出されます

…ほんとアホです
でも楽しい大人たちです



タイミングは起こるべくして起こる

この間
急にふと、ここのお店の料理が食べたくなったんです
今考えると何か感じるものが
あったのかもしれません

しかも、そのお店が
閉店を伝えられた位のタイミングで…

新月前にこの情報をもらうという事は
やはりサヨナラの
タイミングだったのでしょうね

「連絡したらすぐ来てくれると思った」と言われた
今行かないでいつ行くのだ!!

もうカウントダウンが
始まってしまったのだよ…
こういう時
私はだいたいタイミングが合う
もちろん時間をつくることもあるけど
何をどーやっても
タイミングが合わないことってありません?

タイミングが合わないものは
必要としていないもの
なので
その辺はさっさと切り捨てましょう

私はけじめとして
あえて行って終了にすることもあります
「行った方が良かったかな?」とか
「行けば良かった」などと
後悔のような余計な感情を残したくないので

嫌いなものの場合は
サッサと行ってサヨナラして以上

好きなものの場合は常に感謝
いつもそれが伝えられるとは限らないからね

当たり前のように会っている
家族とかもそうだよ

必ず次があるとは限らない

SNSが多用されている今、
何もせずに「いつも見てます」はNG

「好きです」だけは伝わらない
お店とかだったら行く事が応援に繋がる
作家さんとかだったら作品を
購入することが応援に繋がる

なくなってから
「好きだったのに」という人をよく見るが
ズルいと思う

ただ、こういう人結構いる…

好きだったら
作品を購入する、
会う機会をつくる
お店に行くなどアクションしないと
応援にはならない

もう次の瞬間が
ないかもしれない

絶対はない。
だからこそ、
常に一瞬一瞬が全力でなくてはいけないと思う

ヨガでもなんでも
後回しやいつかやるかもの
いつかは多分来ない
だから、やりたい事やできる事は
どんどんやっていこう

会いたい人、行きたい場所は
どんどん会いに行こう
動こう、身軽でいよう

新月前
ちょっと見直す時期かもしれません




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です